ポチッとな!

日々の出来事をつらつらと・・・。犬と猫が邪魔をします。。。
by marjoram_house
プロフィールを見る
画像一覧

絵本『りんごがたべたいねずみくん』

a0015815_2127451.jpg


<あらすじ>
木になった赤いりんご。でも、小さなねずみくんには木が高すぎてとれません。そこへ、とりくんが飛んできてひとつ食べてしまいました。次にさるくんが木に登って、ひとつ。ぞうくんは長い鼻でりんごをもぎ取り、またひとつ。いろいろ動物たちがやってきて、みんなおいしそうなりんごを取って去っていきます。どうしてもリンゴが食べたいねずみくんですが、ねずみくんはとりくんのように空も飛べないし、さるくんのように木を登ることも出来ません。ぞうくんのように長い鼻もありません。最後にやってきたあしかくんに、ねずみくんは思いの丈を吐き出します。
「きみは空が飛べるかい?きみは木が登れるかい?きみは鼻が長いかい?・・・」
だまって聞いていたあしかくんは、ニコッと笑って「ぼくはどれもできないけど、とくいなことがひとつある。」と言ってねずみくんを鼻に乗せると・・・。


今夜は久しぶりに子どもたちに絵本の読み聞かせをしました。
最近はなかなか早く寝ることが出来ずに、バタバタと用事を済ませて慌しくベッドに連れて行ってました。でも今夜は何とか9時には歯磨きも済ませ、子どもたちはベッドに潜り込んでくれました。
こういう日はだいたい「絵本を読んでよ」とリクエストがあります。
小6になる長男もまんざらイヤでもない様子。
子どもたちのベッドの横の本棚には、まだ絵本がズラリと並んでいます。
その中からその日の気分で私が一冊選ぶんですが、今日は『りんごがたべたいねずみくん』にしました。
なかえよしおさんのねずみくんシリーズは、長男も次男もお馴染みの絵本で、幼稚園の頃から大好きでした。中でもこの絵本は私もお気に入りで、大人が読んでも胸にジーンと染み込んでくるような内容です。
幼い頃なかなか自分に自信が持てなかった長男には、特に心に響く絵本になったようです。
読み終わって裏表紙を「おしまい。。。」と言いながらベッドの中の子どもたちに見せると、次男が「何だ~、その字~~!」と笑いながら叫びました。
見ると幼稚園の頃の長男が、見よう見真似で自分の名前を書いていました。
でもその字は見事な鏡文字で、ミミズが這ったよう^^;
そういえば「自分で書く」と言い張って、大きなマジックを小さな手で握って必死で書いていたっけ。あの当時の長男は何でも自分でやりたがって周りの大人をハラハラさせていました。
そして思い通りに出来ないとかんしゃくを起こして、この絵本のねずみくんのように「どうして僕には出来ないの?」と泣いてばかりいました。
そんな長男も来年は中学生。
中学生になったら長男にも、あしかくんのように「どうしたの?」と立ち止まって聞いてくれる友だちができるでしょうか?!
[PR]
by marjoram_house | 2005-12-07 22:32 | 絵本
検索
カテゴリ
CONTENTS
★ここに掲載されている私が撮った写真の中で、気に入ったものがありましたら、どうぞ御自由にお持ち帰り下さいませ。
詳しくは、こちら。



§人気blogランキング
§BS blog Ranking
§ブログ王ランキング
§ホームページランキングネット

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。
ポチッとヨロシクお願いしま~す♪

BlogPeople


日向で遊ぼう-TOP-
・about
・みすヾの詩によせて
・私の本棚
・movies
・LALA&POLON
・過去日記




以前の記事
最新のトラックバック
風水玄関インテリア「金運..
from 風水玄関鏡マット色東西南北イ..
松坂2敗
from 雑感日記
子犬の人気ランキング
from 子犬の育て方【子犬の育て方で..
ブレイブストーリー
from 響の言葉
健康優良家庭被保険者でした
from 変わらない世界のふらちな呟き
ライフログ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧