ポチッとな!

日々の出来事をつらつらと・・・。犬と猫が邪魔をします。。。
by marjoram_house
プロフィールを見る
画像一覧

<   2005年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧

GW突入!

でも我が家では特に予定もなく、ゴロゴロして過ごすことがほぼ決まりました。
日帰りで広島あたり出掛けるかもしれませんが、日頃留守番ばかりさせているララとポロンを連れて、思いっきり楽しませてあげるつもりです。
天気も良さそうなので、ドッグランで愛犬も飼い主家族も芝生でお弁当というのも
のんびりで良いと思ってます。
ここのところの強風がおさまれば、釣りに行くというプランも考えているんだけど、どうかなぁ~。

a0015815_1195441.jpg

[PR]
by marjoram_house | 2005-04-29 11:10 | 日常

私の方が痩せちゃった

夫が禁煙に踏み切って1ヶ月が経過した。
特に苦労話を聞かないし、禁断症状に苦しんでいる姿を見たことがないから
きっと順調なんだろうと思っていた。
ところが、禁煙してからというもの体重増加に悩まされている。
タバコが吸いたい欲望を紛らわす為に、ちょこちょこと間食をしてしまうようなのだ。
仕事もデスクワークが殆どで、運動不足も体重増加に拍車をかけているようだ。
スーツもサイズがだんだん合わなくなってきている。
何より心配なのが病気の危惧。
甘党の主人はチョコレートやケーキが大好きで、オマケに大食漢。
このまま行けば糖尿病や心臓疾患、脳梗塞なんてことも・・・考えただけでも怖くなる。
これではいけないと、夫の食事管理をすることにした。
手始めにカロリー手帳を買い求め、食事の材料や量を低カロリーに注意して食事作りをしている。
昼食も今までは外食に頼っていたけど、500㎏calを目安にお弁当を作ることにしている。
(毎日じゃないけど^^;)
でも仕事柄、得意先との会食や飲み会があったり、低カロリーのお弁当一個では耐え切れず、無意識におやつに手が伸びていることがあるらしい。
カロリー制限をしてまだ半月しかたっていないけど、あまり効果が出ていない。

ところがです!
思わぬところに効果が出始めました。
毎日の食事を夫と同じメニューで取っている私の体重が減り始めているのです♪
(わっほーー!)
カロリー制限以外に半身浴をたまにする程度で、半月で3kg減です。
今までがいかに高カロリーな食生活だったかが解りますねーー;

でも大変なことが一つ。
育ち盛りの子どもたちには別メニューの食事を作らなければいけないのよ(汗)
ダイエット食を継続する為には、この辺を克服できるかが鍵になりそうです。

a0015815_1158151.jpg

[PR]
by marjoram_house | 2005-04-28 12:00 | 雑記

読解力は想像力がないとダメ。

朝読書、小学校の8割で 「読解力対策に効果期待」

朝の始業前に全校一斉に読書活動を行う「朝読書」に取り組んだ小学校は2004年度、79・7%に上り、前年同期比で7・4ポイント増え過去最高となったことが27日、文部科学省のまとめで分かった。中学は6・2ポイント増の66・0%、高校も5・3ポイント増の25・7%でともに過去最高。

その割には経済協力開発機構(OECD)の学力調査で、日本は14位まで読解力が低下していたはず。
まぁ~最近の学力テストで、低下していたはずの学力が不意に上向いたものだから、文科省も戸惑っているみたいだけど・・・。

私も長男が4年生になるまで学校の朝読書の時間に、絵本を持参して読み聞かせをしていた。
朝の登校して間もなくの時間で、教室はザワザワと忙しない雰囲気で、子どもたちも落ち着いて絵本の読み聞かせを受ける心の準備が出来ていないように思えた。
当時の担任の先生に、朝読書をする目的を聞いてみたところ、読解力の向上を期待すると共に、授業が始まる前段階としての気分転換だという答えが返って来た。
ボランテイアでやっていた絵本の読み聞かせで、子どもたちの読解力を期待されては少し重荷になっただろうけど、気分転換くらいなら役に立てそうだ。
そう思って週1の読み聞かせボランティアを続けていたけど、次第に朝読書の時間での絵本の読み聞かせは不向きだと感じるようになった。
登校してすぐの子どもたちは気分が高揚していて、人の話を静かに聞くというスイッチが入っていない。
そのスイッチを入れる為の道具としては、絵本の読み聞かせは効力があると思う。
最初はザワザワしている教室も、絵本を2冊ほど読むと落ち着いた静かな教室になっている。
それはやっぱり子どもたちが絵本の内容を“聞いている”からだと思う。
人の話を聞くには、とりあえず自分がしゃべっていては聞えない。
とりあえず耳から入ってくる言葉を聞いているから静かになる。
授業が始まる前段階の気分転換という目的は果たしている訳だ。

でも読解力となるとまだ不十分だと思うのよ。
絵本の内容を理解するには、聞くだけではダメ。
絵を見るだけでもダメ。
活字を読むだけでもダメ。
もう一歩進んだ感覚、“想像”が必須なのだ。

今の子どもたちには(特に限定するつもりはないけど)、この想像する力が乏しいのだと思う。
記憶力は優れているんだけど、物語の主人公の心情を読み取ることが出来ない。
主人公の感情を想像し、言葉で説明することが出来ない。
文章や言葉で表現している著者のメッセージを感じ取ることが出来ない。

物語を読んで、その情景をそのまま心の中に具体的に描くことができる(想像できる)子どもたちは、文章を言葉として吟読できているといえる。
そうした基本的な言語能力が備わっている子どもたちは、本を読んだ後はその物語の余韻に浸っていたいはずで、私が朝の忙しい時間での絵本の読み聞かせが不向きだと感じた理由の一つになっている。
次の授業が始まると、絵本のことを忘れ、想像力を自由に巡らせることが出来なくなる。
これでは単なる言葉の垂れ流しになっているだけだ。
これは私の考えすぎかも知れないけど、数年間の経験で得た感想なのだ。

では読解力はどうすれば身に付くのか?
これも私の個人的な自論になってしまうけど、頭の中に入ってきた言葉を、実体験でどれほど使っているかにかかっていると思う。
幼い頃からの絵本の読み聞かせは、質の良い多くの言葉を覚えるのにはとても優れた道具だと思う。
でも折角覚えた言葉も、実際に使わないと身に付かない。
様々なシチュエーションや感情を、正しい言葉を使って説明できるように訓練することだ。
手っ取り早い訓練方法は『会話』じゃないかな?!
「楽しい」や「悲しい」といった基本的な人間の感情も、様々なシチュエーションで微妙に違ってくるはずだ。
「心がワクワクしてくるような楽しさ」とか「胸が締め付けられるような悲しみ」とか。
「触る」や「匂い」といった感覚も然り。
こうした言葉の訓練は、訓練だと意識しなくても親子の会話で育てることができるはずだ。
「楽しかった」のはどうしてか?どんな風に「楽しかった」のか?
この「どうして?」と子どもに質問することが、子どもを知る手掛かりにもなるし、想像力(理解力)や言葉の連想(表現力)の発達に大きく影響していると思う。

だからといって絵本の感想を子どもに聞いてはいけない。
これはまた違った理由があるんだけどね。
[PR]
by marjoram_house | 2005-04-27 23:47 | ニュース

母が作ったアジの塩焼き

久々に実家に行ってきました。
天気が良くて、どこか一緒に出掛けようと思っていたんだけど
お昼前に突然現れた娘の為に、キッチンに立って昼食を作り始めちゃいました。
「活きの良いアジがあるから、一緒に食べようよ」と、話しながら早くもさばき始める母。
その手さばきを後ろから眺めていると
「ちゃんと料理してるの?」といきなり母親の顔になって、魚のさばき方を教えようとする。
「知ってるよ、教えてくれたじゃん」と言いながら、実のところ魚料理は苦手だったりするのだ。
この年になって、もう一度母親から料理の手ほどきを受けるなんて、なんだか照れ臭い。

美味しく焼き上がったアジは塩加減が丁度良く、テーブルに並んだ母の手作りの味噌汁や漬物を次々に口に運ぶ。

a0015815_2256282.jpg


やっぱり母の手料理には敵わない。
[PR]
by marjoram_house | 2005-04-26 22:59 | 雑記

気分を鎮める

a0015815_23264442.jpg


ごちゃごちゃしたことが続くと、どこかでストップして気分を鎮め冷静になる必要がある。
私にはこうしたことが特に大切で、いつも夫に話を聞いてもらうことでバランスをとっている。

さっきも興奮気味にまくし立てる私の話を、頷きながら静かに聞いている夫。
仕事で疲れているはずなのに・・・と、話をしながらも夫の様子を伺い見る。
一通り話し終わると「どう思う?」と夫の意見を求める私。
この頃には徐々に冷静さを取り戻している。

a0015815_23423096.jpg


問題が解決するわけじゃないけど、気持ちの整理が出来るのだ。
[PR]
by marjoram_house | 2005-04-25 23:45 | PHOTO

不揃いな子どもたち

今日は土曜日だけど子どもたちは学校で、授業公開があった。
給食がないから朝からお弁当を作っていると、去年まで使っていたお弁当箱では足りないらしく、時々長男のチェックが入る。
ここ最近身体の大きさには大きな変化はないけど、食べる量は確実に増えている。

長男が今日の公開授業では係りの発表をするというので、長男が発表する時にタイミングよく立ち会えれば良いなぁ~と話していた。
一時間の間で次男と長男のクラスを半分ずつ見ないといけないから、「さっき発表してたわよ」とか、母友が教えてくれたりして、思えばいつもタイミングを逃していたのだ。

今日は最初に次男のグラスを覗きに行って、次に長男のクラスに行った。
すると「もう終わっちゃったよ」と、残念そうに控えめなジェスチャーで長男が合図を送ってきた。
それが本当に残念そうで、私にみんなの前で発表する自分の姿を見て欲しかったのかなぁ~と思うと、喜んでいいものなのか、精神的な成長の遅さを嘆いていいのか^^;

少しビックリしたのだけど、既に声変わりしていて低い声で話す男の子がいたり、胸が大きく発達して、既に女性の体つきをした女の子がいたり。
反対にうちの子の様にまだ子ども体型でおくてな子もいて、同じ成長期でもそれぞれ個性的だなぁ~と感じた。
そんな不揃いな子どもたちが、同じテーマで授業を進めて意見交換をしていたので、外見は違っても内面は似たり寄ったりで微笑ましく、ついクスッと笑ってしまった。

a0015815_033581.jpg


『みんなちがって みんないい』
金子みすずの詩が、ふと頭に浮かんだ。
[PR]
by marjoram_house | 2005-04-24 00:14 | 日常

絵本『たいせつなこと』

a0015815_2394228.jpg


「たいせつなこと」

作/マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵/レナード・ワイスバーガー
訳/うちだややこ
フレーベル館

数年前の冬この絵本を本屋で見つけ、絵も素晴らしいのだが、私の心を惹き付け離さなかったのは、一頁にほんの数行載せられた、ひらがなだけの言葉だ。
シンプルに洗練されていて暖かく、さり気なくごく自然に心の中に入ってくる。
最初は何の変哲もない前奏があって、最後のページで愛に包み込まれるような幸せが心の中を満たして広がっていくのだ。

この絵本は物語り絵本という形態ではなく、読者に直接作者のメッセージを伝えてくる。
例えば「スプーン」。スプーンの持つ特徴をいくつか挙げていく。
人によって好みも様々で、デザインが凝っているものが好きな人もいるだろうし、大きさにこだわって自分の口にちょうどいい大きさのものを愛用している人もいるだろう。
だけどスプーンにとって最も大切なことは「それを使うと上手に食べられるということ」
こんな具合に、無機質な日用品や、雪、雨、風といった自然現象の一つずつを材料に、そのものにとって一番「大切なこと」を丁寧に確認していく作業を繰り返していく。
そして最後の最後に、物でも小動物でもない「あなた」が題材になる。
あなたとは当然読者を指している。
それは小さな子どもであったり、子どもにこの絵本を読み聞かせてる大人でもあるのだ。

あなたにとって たいせつなことは?

長男が通う小学校のクラスの(2年生)最後の読み聞かせに、私は迷わずこの絵本を選んだ。
2年間付き合ってきた子どもたちに、私なりのメッセージを伝えたかったから。
朝のざわざわした教室に始業を知らせるチャイムが鳴った。
そして静かに絵本の時間が始まる。
私が最後の絵本を皆に見せて「たいせつなこと」とタイトルを読み上げると、続いて子どもたちも
嬉しそうに「たいせつなこと」と繰り返す。
じっと絵本を見つめて聞いている子。
隣の子にちょっかいを出しながら、それでもちゃんと聞いてる男の子。
私が読む言葉の一つずつに頷いている女の子。
子どもたち一人一人を見渡す優しい先生。

あなたにとって たいせつなのは
あなたが あなたであること


最後にこの言葉を読み上げた私自身にも、胸に染みるメッセージになった。
[PR]
by marjoram_house | 2005-04-21 23:11 | 絵本

後味の悪い経験

今日は夕方からは雨が降り出しそうだったから、ララとポロンの散歩を早めに済ませようと午後3時頃家を出ました。
家を出て5分ほど歩いた時、見慣れない女性が川沿いの土手に道路から降りて、何か白いものを放り投げるのを見掛けました。
その人は放り投げると一目散に車が置いてある橋の方に走り去ってしまいました。
すると放り投げられた白いものが甲高く「ニャーオー、ニャーオー」と必死に泣き叫んでいます。
生後4・5ヶ月頃の子猫のようで、先ほどの女性の不審な行動が何を意味しているのか、すぐに解りました。
元飼い主を呼ぶ子猫の鳴き声を頼りに、川沿いにララとポロンを引っ張って行って見ると、警戒した表情の三毛猫がこっちを見ています。
この時、あまり器量良しじゃないことと子猫というには少し成長しすぎているのが気になりました。
里親を見つけるにはまず幼猫が一番で、次に器量良しが好条件になります。
まだ完全室内飼いが定着していない田舎では、メスだということも不利になります。
元飼い主が里親を捜す努力をしたかどうかはわかりませんが、このメスの三毛猫一匹だけが捨てられた事を考えると、この子は売れ残っちゃったんでしょうね。
それにしたって放り捨てなくても・・・

散歩を終えてさっきの場所に行って見ると、学校帰りの子どもたちが子猫を取り囲んで見ています。
一人の男の子が「この猫、誰の?」と近寄ってきた私に尋ねました。
「さっき捨てられちゃったみたいよ」と言うと
「じゃあぼく、この猫飼うよ」と抱きかかえて帰って行きました。

子どもは簡単に飼うと言うけれど、きっとおうちの人にダメだと言われちゃうんだろうな?!
だからって私も飼えないし、あの子のおうちの人が飼ってくれることを祈るしかないよね。
a0015815_22594624.jpg


私が悪いわけじゃないけれど、自分の非力を責められているようで
後味が悪い気分にさせられる。
[PR]
by marjoram_house | 2005-04-21 23:03 | 雑記

兄弟喧嘩

夕方まで元気にサッカーをしていた次男が、夜になって38度の熱を出してしまった。
絶対に学校は休みたくないと宣言して、宿題も済ませ布団に入った。
熱のほかには特に症状もないから、きっと疲れのせいだと思うのだ。
スポ小のサッカーと剣道を掛け持ちして、ソロバン教室にも休まず通っている次男は、日頃は不平不満を言わないし、宿題も面倒臭がらずに淡々とこなしている。
考えてみれば親に似ず頑張りやさんなのだが、何をするのも一々自己主張してイライラや不満を発散させながらやる長男の方が目立って、我が家での次男の評価が低いように感じる。
兄弟喧嘩も、長男の次男への八つ当たりが原因で勃発することが多い。
私はなるべく仲裁に入らないようにしながら、互いにフラストレーションを溜めない事を注意して二人の話を聞くことにしているんだけど、決まって長男は「アイツが先に蹴った」と次男がきっかけで喧嘩になったことを強調するし、次男は次男で「お兄ちゃんが僕の事をバカにした」と長男の方が悪いと主張する。
そんな事を何度となく繰り返しているうちに、私の方がイライラしてきて、そのうち一気に爆発!
近所中に聞える怒鳴り声で「いい加減にしなさいーーー!!」と怒鳴りまくる。
きっと近所では怖いお母さんとして噂されているに違いないのだ。

a0015815_023190.jpg


明日と明後日の朝は子どもたちのぎょう虫検査をしないと!
小6と小4になっても、未だに私がセロファンをお尻の穴に張る役目を仰せ付かる。
いつになったら恥ずかしがって自分でするようになるのだろう?
偉そうなことを言っても、まだまだ私の手の中だわね(笑)
[PR]
by marjoram_house | 2005-04-21 00:07 | 子ども

映画『やさしい嘘』

やさしい嘘 デラックス版
/ ジェネオン エンタテインメント
スコア選択: ★★★★






<あらすじ>
旧ソ連・グルジアに住むエカおばあちゃんは、 娘のマリーナ、 孫娘のアダとの3人暮らし。息子のオタールは、 夢を求めてパリに移住していた。エカおばあちゃんの一番の楽しみは、 オタールからの手紙を読むことだった。そんなある日、 マリーナの元へオタールの訃報が届いた。それをエカおばあちゃんに伝えられないマリーナとアダは、 オタールになりすまして手紙を書き続けることに…。



この映画の舞台になっているグルジア共和国の政治的な背景もあって、単なる親子愛を描いただけのものじゃないかったけど、全体的に優しく包まれているような感覚がする映画だった。
最初から最後まで静に物語が進んでいって、特にインパクト強く演出はしていないんだけど、観ていてふわっとした感動がジワジワと襲ってくる。
核心に迫る後半は、親を想う娘心を上回る、母親の包み込む愛情に思わず拍手を送りたくなった。

さり気なく綴った映画だったけど、きっと忘れられない映画になると思う。
[PR]
by marjoram_house | 2005-04-20 23:24 | 映画・テレビ
検索
カテゴリ
CONTENTS
★ここに掲載されている私が撮った写真の中で、気に入ったものがありましたら、どうぞ御自由にお持ち帰り下さいませ。
詳しくは、こちら。



§人気blogランキング
§BS blog Ranking
§ブログ王ランキング
§ホームページランキングネット

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。
ポチッとヨロシクお願いしま~す♪

BlogPeople


日向で遊ぼう-TOP-
・about
・みすヾの詩によせて
・私の本棚
・movies
・LALA&POLON
・過去日記




以前の記事
最新のトラックバック
風水玄関インテリア「金運..
from 風水玄関鏡マット色東西南北イ..
松坂2敗
from 雑感日記
子犬の人気ランキング
from 子犬の育て方【子犬の育て方で..
ブレイブストーリー
from 響の言葉
健康優良家庭被保険者でした
from 変わらない世界のふらちな呟き
ライフログ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧