ポチッとな!

日々の出来事をつらつらと・・・。犬と猫が邪魔をします。。。
by marjoram_house
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

少し元気になりました

a0015815_22482427.jpg相変わらず食欲はあまりないものの、外で遊ぶ元気は取り戻したようです。
午後3時頃、ララとポロンの散歩にも着いて来て、川の土手沿いを走り回っては草むらに隠れていました。
後から来るララとポロンを待ち伏せて奇襲攻撃を仕掛けるアイル。
遊ぶ元気が出てきたから、食欲もすぐに出てくるよね。
少し距離を守って様子を伺っていたポロンも、ようやくアイルを追いかけっこに誘っていました。
ララも昼寝の時は添い寝を買って出ていたし、密着度も増したような気がする。
[PR]
by marjoram_house | 2006-12-20 22:48 | アイルのいるところ

アイル、去勢手術をする

a0015815_20554067.jpg「朝8時に連れてきてください」と病院から言われていたので、アイルが早朝散歩に出かけないように戸締りをして、朝ご飯も水も抜きで不機嫌にしているところを、洗濯ネットとゲージに入れて急いで連れて行きました。
道中の車の中では「出せ!出せっ!!」と大絶叫。
病院では一通り説明を受けて、同意書に署名。
家に帰ってからも、今頃手術されているのかな・・・とか、そろそろ麻酔から覚めている頃かな・・・とか、気になって仕方がない。
午後3時に迎えに行くと、ものすごい剣幕で唸って怒っていた。
でもそれも必死の抵抗で、家に帰って落ち着くと、トイレを済ませてコタツの中に引き篭もってしまった。
まだ傷が痛むのかな?!お腹空いているはずなのにエサを全く食べない。
いつもはアイルを追い掛け回して遊ぶポロンも、匂いを嗅ぎに近寄ってきて軽く顔を舐めてあげている。まるで労わっているように見える。
明日は元気に遊べると良いね。
[PR]
by marjoram_house | 2006-12-19 20:55 | アイルのいるところ

年賀状の印刷が終わりました

年賀状はデジタル派? アナログ派?


貰って嬉しいのは丁寧に描かれた手書きの年賀状。
絵手紙が流行っているせいでしょうか?!綺麗に墨で描かれた年賀状を頂くことが多くなりました。ゴム判で飾られた年賀状もありました。
子どもたちへの年賀状は面白いです。誤字脱字は当たり前(笑)
縦書きかと思えば、平気で横書きに変更していたり^^;イラストは個性があって見ていて飽きません。子どもたちの成長が楽しみなので、年賀状も永久保存版です。

私は宛名と一言コメントだけ手書きにしています。
裏面は書店で売れているCD-ROMつきのデジタル年賀状素材集の画像を使ったり、自分で撮った写真を使ったりして自宅で印刷しています。
その印刷が昨日やっと終わりました。
あとは宛名をぼちぼち書いていって、一言コメントを書き足すだけ。
でも結構その作業が地道で、余裕を持って早めに印刷し終わっても、結局投函はギリギリになったりして^^;
今年は戌年だったので、ララとポロンに大活躍してもらいましたが、来年は猪年。
ネットで検索して、素材サイトのイラストを使わせてもらうことにしました。
a0015815_2259438.jpg

次男は来年年男です。
性格は猪突猛進、まさに猪です。
[PR]
by marjoram_house | 2006-12-14 23:00 | 雑記

ララも来年は7歳になる

ポチたまの人気犬「まさお君」が病死

このニュースを知って、「ララも来年は7歳になるんだよね」と夫が呟いた。
a0015815_1157549.jpg

長男が小学校へ入学し、次男が幼稚園へ入園という年の春に、たまたま入ったペットショップで一目惚れしたのがララだった。
a0015815_11593231.jpg

これは生後3ヶ月のララ。
まだトイレが完璧じゃなくて、部屋の中でもリードに繋がれていた。
子犬の頃から大人しくて、人懐っこい性格のララ。
4歳の夏には子犬を4匹産んで、立派に育て上げました。
これからも病気をせず、元気でいて欲しい。
せめて子どもたちが巣立っていくのを見届けて欲しいな。
[PR]
by marjoram_house | 2006-12-13 12:06 | ガニワラ親子の日常

老後の心配

早めに夕食を済ませてテレビを付けたら、フジテレビで『命を救う病院教えます』というタイトルの番組をやっていた。司会者は小倉さん。
長男が剣道で使う手ぬぐいにアイロンをかけながら観ていると、治療をしても回復の見込みがなくなった老人患者は、3ヶ月の入院を過ぎると転院を半ば強制的に促されるとレポートしていた。
「そんな理不尽な!」という怒りも込み上げてきたが、そこまで充実した医療を求めると、あとどれほどの重税が課せられるのだろうか?という、身震いするような疑問が湧いてきた。
だって少子化はすすむ一方だし、年金の問題だって点滅中だというのに・・・。
私に出来ることは、せめて子どもたちに迷惑を掛けなくても済むように、老後に備えできるだけ蓄えて、死ぬ間際まで元気で過ごすこと。出来れば倒れてから3ヶ月以内に昇天するのが理想的。せめて子どものお荷物にはならないようにしたいが、心配かけることもあるかもしれない。
そこで、そばで一緒に番組を観ていた長男に「お母さんが年を取ったらヨロシクね」と言ってみた。
すると「僕が知ってる老人ホームは2つあるけど、Aホームはやめた方がいいよ。汚いし、隣の保育園の子どもたちが来てウザイから」
中学の総合学習で、地域の老人ホームや保育園に訪問する授業をしたばかりの長男は、今のありったけの知識を私に披露してくれた。
でもそれって、遠回りに老人ホームへ行け!と言っているのだよね?!
「でも全ての老人ホームが寝たきりの老人を受け入れてくれるとは限らないんだよ」と、長男の表情を伺いながら畳み掛けてみた。
すると「じゃあ、お母さんはどこがいいの?」と、まるで我がままを言っている子どもを諭すような言い方で訊ねられた。(そう聞えたんだよね・・・)
こうなったら本気で不老不死を目指すしかないよね(涙)
a0015815_0135654.jpg

同じ頃、漢字の宿題をやっていた次男に
「ねぇ、“ささえる”ってどう書くの?」と訊かれた。
嘘でもいいから、我が子からその言葉を聞きたかったな。
「ささえるはね、“支える”だよ」と即答で教えてあげました。
(嘘のような本当の話)オロロ~~~ン^^;
[PR]
by marjoram_house | 2006-12-13 00:29 | 雑記

ポロンとアイル

a0015815_8291252.jpg

アイルが外から帰って来ると、素早く駆け寄って匂いをクンクンするポロン。
外の匂いをプンプンさせて帰って来るので、「どこへ行っていたの?」とチェックしたくなるんでしょうね。
外で思いっきり遊んで帰ってきたアイルは、ゆっくりとコタツの中で昼寝がしたいんだろうけど、一緒に遊びたいポロンがそれを許すわけもなく、暫く追いかけっこにつき合わされます。
↑この写真は、大運動会が繰り広げられて、疲れ果てたアイルの姿。
ポロンはもう少し遊びたかったようだけど、仲良く昼寝をすることにしたようです。
[PR]
by marjoram_house | 2006-12-11 08:42 | ガニワラ親子の日常

幼馴染

違う中学校へ進学した同級生のM君と遊ぶ約束をして、「久しぶりに逢えるなぁ~」と、数日前からソワソワと落ち着かなかった長男。
結局都合が悪くて久しぶりの再会にはならなかったんだけど、もう一人の幼馴染のK君とゆっくりと過ごすことができて、リラックスしていた様子だった。
物心つく前から知っている幼馴染という存在はありがたいもので、日頃は接点がなくてもすぐに打ち解けて受け入れてくれる。
互いの長所も短所もよくわかっているのだから、会話や仕草にも緊張感がありません。
そうした長男の安心感が漂う関係が羨ましく、私にもそういう友だちが一人でもいるだろうか?と考えてしまった。
強いて言えば夫がそういう存在になるのかな?!
最近気遣いがなさ過ぎて喧嘩になることがあるけど、信頼関係は築けているはず・・・だよね?!
a0015815_20312165.jpg



***私信、M君へ***
今日は残念でした。
また会えるのを楽しみにしています。
[PR]
by marjoram_house | 2006-12-10 20:33 | 雑記

映画『わんこTHE MOVIE』

わんこ THE MOVIE
/ ポニーキャニオン
スコア選択: ★★★




<解説>
フジテレビの人気情報番組『めざましどようび』の企画による、めざムー(めざましムービー)。『にゃんこTHE MOVIE』の制作スタッフが手がけるシリーズ第2弾は、"わんこ"をテーマに、犬と人間のハートフルなふれあいの数々が描かれています。ナレーションを担当するのは、自身も犬が大好きという女優の広末涼子。音楽はTV・映画音楽の第一人者、大島ミチル。
北海道の雄大な大地で暮らす酪農一家のわんこ・おたま。子犬の頃からの病気を克服した、おみやげ屋さんの看板犬わんこ・ルーシー。石川県の小さな漁港町で暮らす元捨て犬のわんこ・ゴクウ。全国のわんこが繰り広げる愛らしさと感動タップリの物語です。



毎朝楽しみにしている番組の、その中でも一番に注目してしまうコーナーでもある『きょうのワンコ』。
ワンコ飼いの気持ちがたっぷり注ぎ込まれた作品に仕上がっています。
『にゃんこTHE MOVIE』も観てみたいけど、飼い主とペットとの絆が強いのは、やっぱり猫より犬だと思うのです。それは犬も猫も飼ってみて実感していることで、ワンコが飼い主を見つめる眼差しに気付いただけでうるうるしてきちゃいます。
それにこの作品に登場してくるワンコたちは、不幸な過去があるワンコもいますが、今はたっぷり人間から愛情を注がれている子達ばかり。この作品では淡々とそのワンコたちの日常が綴られていくのですが、観終わった後はほっこりとした温かな余韻が残ります。
[PR]
by marjoram_house | 2006-12-07 00:08 | 映画・テレビ

のん気な師走

去年の今頃は、子どもたちのクリマスプレゼントの為にネットオークションデビューを果たし、必死になって64の『どうぶつの森』を競り落としたり、年末の大掃除や年賀状など、追われるように過ごしていた。
子どもたちもこの一年でサンタの正体を見抜き、すでにプレゼントの前借りをしているので、何にしようかと騒いだりしない。「クリマスツリー飾ろうか?」と言うと、「いいよ、面倒だし」と却下されてしまった。
年末恒例の大掃除も、来年早々引越しという究極の大掃除が待っているので、今はキッチンのレンジ周りだとか換気扇だとか、全く気にならない。
そういう訳でこの時期には珍しく、のん気にコタツでゴロゴロと過ごしているのです。
a0015815_23473913.jpg

今年は夏痩せに失敗し、その上冬に備えて肉襦袢が分厚くなりそうです(おろろ~ん^^;)
[PR]
by marjoram_house | 2006-12-06 23:51 | 日常

映画『ブレイブストーリー』

ブレイブ ストーリー 特別版
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
スコア選択: ★★★★   






<あらすじ>
11歳のワタルは、幽霊ビルを探検中に奇妙な出来事を目にする。キレイな顔をした少年が、宙に浮かぶ階段を上っていき、大きな扉の中へと入っていったのだ。翌日、ワタルは少年が隣のクラスの転校生・ミツルだと知り、扉の向こうに行けば、運命を変えられるのだと聞く。ワタルは平凡な少年だった。しかし突然、父が家を出ていき、母がショックで倒れてしまう。こんな運命変えてやる!扉の向こうへと飛び込んだワタルの、「幻界」(ヴィジョン)での旅が始まった。<by goo映画>



子どもたちとDVDレンタル開始を心待ちにしていた作品がこれ。
本当は劇場で観たかったんだけど、何となく見過ごしてしまっていた。
ストーリーは知っていたけど、改めて映画で観てみるとやっぱり面白かったし、家族で楽しむにはピッタリの作品だと思う。
ちょっと残念だったのが、バックの効果音が大きすぎて、登場人物たちのセリフが聞き取りにくかったこと。主人公のワタルの声は松たか子なんだけど、ちょっと違和感があった。どうしても女の子の声にしか聞えなかったから。
でもそんな些細なケチなどどうでも良いと思えるくらい、うちの子たちには久々のヒット作になったようだった。

テーマになっているのは、不幸な過去(運命)を変えることができるのかということ。
ネタバレしちゃうけど、過去の出来事を変えることは出来ないけど、自分の不幸な運命に立ち向かう勇気を獲得するまでの、心の葛藤が上手く描けているように感じた。
その結果、運命も好転していくということなのか、エンディングではちゃんとハッピーエンドになっているのだ。
[PR]
by marjoram_house | 2006-12-06 16:22 | 映画・テレビ
検索
カテゴリ
CONTENTS
★ここに掲載されている私が撮った写真の中で、気に入ったものがありましたら、どうぞ御自由にお持ち帰り下さいませ。
詳しくは、こちら。



§人気blogランキング
§BS blog Ranking
§ブログ王ランキング
§ホームページランキングネット

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。
ポチッとヨロシクお願いしま~す♪

BlogPeople


日向で遊ぼう-TOP-
・about
・みすヾの詩によせて
・私の本棚
・movies
・LALA&POLON
・過去日記




以前の記事
最新のトラックバック
風水玄関インテリア「金運..
from 風水玄関鏡マット色東西南北イ..
松坂2敗
from 雑感日記
子犬の人気ランキング
from 子犬の育て方【子犬の育て方で..
ブレイブストーリー
from 響の言葉
健康優良家庭被保険者でした
from 変わらない世界のふらちな呟き
ライフログ
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧