ポチッとな!

日々の出来事をつらつらと・・・。犬と猫が邪魔をします。。。
by marjoram_house
プロフィールを見る
画像一覧

そんな親捨てちゃえ!

今日のテレビドラマ『家裁判事伊奈守草介の事件日誌~私が殺しましたー自首した殺人犯は少年だった・人間派名物判事が少年の瞳に見た真実とは!?爽快!現代の大岡裁き』
(↑タイトルは一体どこまでなんだろう?)

このドラマの中で、ある夫婦が自分たちの離婚に際し、15歳になる娘の親権を押し付けあっているケースで、この伊奈守判事は15歳の少女に向かって「あなたは親に捨てられようとしているのだよ。それよりも自分が幸せになる道を選んで、今度は自分が親を捨てなさい」とキッパリ言い切る場面があった。
ビックリするようなセリフだけど、私はこの言葉に共感し、モヤモヤした気分が一気に晴れて行くのに気が付いた。

去年から何かの縁で育児電話相談の相談員をするようになって、主に母親の悩みを電話越しに聞き続けてきた。
その大部分が愛する子どもの為に真剣に悩んで、それこそすがる思いで電話をしてくる母親たちだ。
でも中には自分勝手な価値観を子どもに押し付けるような、身勝手な相談事も受けることがある。
カウンセリングはクライアントに共感して、とにかく心の中の声を聞くことが大切だ。
どんな悩みであれ、クライアントの側に立って聞き、話すことで心の中の整理が出来るように導くのが理想だけど、どうしても共感できない場合もある。
電話越しに話をしている母親の向こう側に、誰にも相談できずに一人で悩んでいる子どもの姿が浮かんできたりするともうダメだ。
不甲斐ない母親に一喝したくなってくる。
それこそ言えるものならその子に言ってやりたい「親を捨てなさい」と。

子どもはどんな親であれ、親を求めて親の愛情を欲求しないではいられない。
家族を養う頼もしい父親と、家族を優しく包み込む母親に慈しみ育てられるのが理想だけど、必ずしも理想通りにはいかない場合もある。
何かの事情で親のいない子どもだって、世の中にはいっぱいいる。
離婚率が上昇している現代、片親で育つ子どもだって五万といる。
でもそんな子どもたちは決して不幸などではないと思う。
どんな状況に置かれても、子どもは皆等しく幸せになる権利がある。
たとえ親であっても、その幸せを奪うものであったとしたら、親を捨てる(縁を切る)ことも許されていいのではないかと思う。
もちろん子ども自身にその意思があればだけど。
でも、多分この辺が難しいんだろうなぁ~。
だって子どもは選べないのだから。
[PR]
by marjoram_house | 2004-05-22 00:25 | 仕事
検索
カテゴリ
CONTENTS
★ここに掲載されている私が撮った写真の中で、気に入ったものがありましたら、どうぞ御自由にお持ち帰り下さいませ。
詳しくは、こちら。



§人気blogランキング
§BS blog Ranking
§ブログ王ランキング
§ホームページランキングネット

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。
ポチッとヨロシクお願いしま~す♪

BlogPeople


日向で遊ぼう-TOP-
・about
・みすヾの詩によせて
・私の本棚
・movies
・LALA&POLON
・過去日記




以前の記事
最新のトラックバック
風水玄関インテリア「金運..
from 風水玄関鏡マット色東西南北イ..
松坂2敗
from 雑感日記
子犬の人気ランキング
from 子犬の育て方【子犬の育て方で..
ブレイブストーリー
from 響の言葉
健康優良家庭被保険者でした
from 変わらない世界のふらちな呟き
ライフログ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧